濃い髭はかっこ悪いのか?

濃い髭に悩んでいる男性は多いです。

すぐに無精髭が生えるし、剃った後は青くなってカッコ悪いし、カミソリ負けで肌が荒れて痛いし・・・髭が生えていてもいいことなんてない!と。

確かに髭が生えていていいことなんてないかもしれませんが、それでも生えてくる髭をなんとかしなくてはいけません。会社員として働いていれば、剃らないでいることなんてできないですよね。

でも、髭もカッコよく見せることができます。

薄っすらと無精髭を生やす

今の時代、必ず髭を剃らなければならないわけではありません。

もちろん公務員や銀行員など、お客と相対する仕事は難しいかもしれませんが、それでも薄っすらと生やすことはできます。いざとなったら「朝剃ったんですけどねー。髭が濃いからですね」でごまかせます。

薄っすら生える整えられた無精髭は意外と印象がいいです。

しっかり剃った青々とした青い顔よりも、少し無精髭が残った顔のほうがカッコいいという女性はいっぱいいるし、少し年齢を重ねて、髭に白髪が交じるようになると、無精髭がより一層渋くなります。

薄っすらと髭を生やすことでカッコよくなれる一例です。

鼻下の髭を伸ばす

頬やアゴしたの無精髭はダメなのに、整えられた鼻下の髭はOKというのは結構あります。

鼻下の髭は「無精」「不潔」というよりも、英国紳士のように清潔感を持って見られることが多いです。

会社とか訪問したり店の窓口とかいっても、鼻下の髭を伸ばしてる男性はたまにいますよね。

カッコよく伸ばされた鼻下の髭は意外と何も言われないものです。

髭を伸ばせないのならば・・・

髭を伸ばせない時は、脱毛という方法も一つの手です。

あまりにも濃すぎる髭はやっぱりかっこ悪いです。

上記のように髭を伸ばしてカッコよくできればいいのですが、必ず髭を剃らなければいけない仕事の場合、青々とした青ひげや夕方に全体的にビッシリ生える無精髭は印象も悪いし、女性には気持ち悪がられてしまいます。

脱毛サロンやクリニックで脱毛すれば、髭は薄くなります。薄くなった髭は再び生えることはないし、剃る必要もなくなります。

もし髭に未練がないのであれば、脱毛という選択肢もありかもしれませんね。