カテゴリー別アーカイブ: 髭をカッコよくデザインする

髭をデザインするアイテムを揃えましょう

髭をカッコよく見せるためには、髭をデザインするアイテムが必要です。

どんなに頑張ってもカミソリや電気シェーバーだけじゃ物足りないし、細かいデザインができません。

ぜひアイテムを揃えて髭をカッコよくデザインしてみましょう。細かい気配りが濃い髭をカッコ悪いものではなくオシャレに清潔に見せるポイントです。

髭専用のデザインバリカンを使いましょう

髭をデザインする時は髭専用のデザインバリカンを使いましょう。

電気シェーバーにデザイン用のバリカンがついていたらそれでもいいですが、基本的には専用のバリカンを使ったほうが、細かい部分も丁寧にデザインできます。

髭をカッコよく見せるには、残した部分をいかにこだわるか。

髭も長さによって印象が変わるので、バリカンの設定長さも重要です。

短すぎれば無精髭になってしまうし、長すぎるとだらしないイメージになってしまいます。

ぜひ自分でいろいろな長さを試してみて、自分に似合う長さを決めてください。

すきバサミを利用する

最近はムダ毛用のすきバサミというものが販売されています。

髭が濃い人は髭の密集度、髭の用も多いです。

髭が濃い人が髭を伸ばすと、ときにそれは髭がクドく映ってしまいます。

髭が普通の人がオシャレに決めるのではなく、濃い人がなんとか頑張ってるみたいな印象になってしまって、ちょっとカッコ悪いです。

そんなときに、残す髭をすきバサミですくことで、適度な量になります。

髭が適度な量になるだけで、印象が変わり清潔感が変わります。

少し長めにひげをデザインしたいときは、すきバサミは必須アイテムです。ぜひ使ってみてください。

メンズファンデーション

これは必須ではありませんが、かなりお勧めアイテムです。

ファンデーションというと「女性」というイメージがありますが、そんなことはありません。男性だってファンデーションくらいしてもいいはずです。

メンズ用ファンデーションは、女性の化粧品とは違い、クリームみたいに塗るタイプもあります。

髭を剃った部分は青くなるので、そこに塗るようにします。

髭の濃い人が髭をデザインしたときにカッコ悪いのが、剃ったところの青ひげ。

青ひげがあるだけで、どんなにデザインを頑張っても「髭が濃いからね」みたいな印象になってあまりよくありません。

剃った部分の青ひげをファンデーションで薄くすることで、印象がガラリと変わります。

デザインした髭がより一層カッコよくなるので、ぜひファンデーションも使ってみてください。

髭剃り後のアフタークリーム感覚で使えば、自然に使えるはずですよ。